嫁が家出して、帰ってきませんでした。結婚して14年で初めてです。

シェアする

こんにちは名古屋で、『薬に頼らず体質改善ホッティー薬店』堀田泰宏です。

Facebookページイイネ1000目指して頑張ってます。ポチッと応援お願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらをポチッとお願いします!!
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



   

◆今日は山崎まさよしの

『セロリ』に乗せてまいりましょう!


育ってきた環境が違うから〜

すれ違いは否めない〜🎶🎶

夏がダメだったりセロリが好きだったりするのね〜。
今日は妙に身に沁みます(^^)

  

  

 ◆結婚して14年、初めて嫁が家出して、

一夜、帰ってきませんでした。


  

◆先日嫁と喧嘩しました。

お互い言いたい事を言ってるつもりだけど…..

ある程度貯めて、言うと

別の事も、アレヤコレヤ絡んで、

・例えば、相槌が上の空

・目を見て話さず、スマホ見て話す

すると、ある日………

  

ちっちゃなキッカケで、

大爆発する。



  

◆金曜日の朝、

嫁と敬汰郎の話を聞いていて思ったんです。

   

『何でもかんでも、ダメダメ言い過ぎ』

・ちょっとご飯中に立ったらダメ

・ちょっと椅子から飛んだらダメ

・手で食べたらダメ

・少しでも、こぼしたらダメ

・走ったらダメ

ダメダメのオンパレードだったのです。


  

◆僕らの子育て5原則の中には、

否定しない!!

って項目があります。


確かに言い方だけかもしれないけど、

否定をしない!

要はダメと基本は言わない!

でも命と人へのモラルに関しては 、厳しく接するってのはありますけどね。

◆要は、否定形の言い方では無く、

こうしよう!!

っと未来を見せてあげる系の言い方。


「座って食べよっか!!」

「椅子は座るもんだからねー」

「スプーンで食べよっか」

「ここは歩いた方がいいよねー」

っとかそんな感じです。


きっと、ダメダメ否定してる言い訳としては、

急いでいるから……

朝はバタバタするから……

早く食べてくれないと、片付けが終わらないから….
そして敬汰郎が泣く。 

  

  

 ◆そしてこれは、一言申したかったし、

あまりにもダメが多かったので、

その場では言わずに、

店の仕事が始まって、

少しだけ切りがついた時に、

デトックス作用のあるビワの葉ちゃを入れて……

嫁に

『原則に反しているよ!

だから言い方を変えよう。』

っとお話しを持ちかけた。

だって敬汰郎に対して、否定、ダメだと

窮屈に感じて、良くないし

命に関わる時は否定しないといけない事もあるから、

常に否定してたら効果がなくなるでしょ!!

言い方は変えられるから、変えようー。

 自分もちっちゃい頃、島根で

おばあちゃんに

『全部ダメダメ言われたり、三輪車取り上げられてもう最低だった』

って言ってるじゃん!!!

  

『ブロック長やってみろよッ!』

否定ばっかりしてたら、

誰もついて来んよっ!!!

って言ったら、

そこで嫁は爆発した。


泣き始めた。

かなりの号泣…….

 僕は戸惑った。

  

◆僕個人としては、

えぇーーーーそれぐらいでッ!!!!!!

そんなに泣くなんておかしいわっ!!

って本当に思ってました。

    

◆その単品だけでみたら、

きっとそうだと思う。

◆でも、そうなるには積み重なった

理由があったのです。

◆妊婦で、8ヶ月ぐらいの嫁に対して、

全然、

言葉をかけてあげてなかった……

気遣う気持ちが無かった!!

返事はほとんど上の空……

  

 ◆嫁と敬汰郎は結構喧嘩する事があり、

嫁に対して、

そんなちっちゃい事で、

3歳のチビと喧嘩するなよーー

って思ってたり、

ちょっとこぼしたぐらいいいやんけっ!

って思ったりしていた。


ネガティヴ発言が多かったので、

それに対しても賛同できなかった。

  

◆だから、あんまり

気を使う気になれなかった。

我慢していたから、

軽くスルーしたかった。

◆後は、嫁は片付けが比較的苦手で、

使ったものを、

中々元に戻さない事が多い。

◆それも言わずに我慢して、何回も、何回も

僕が所定の場所に戻していた。

 僕が我慢してるって時は、

相手も鏡だから、

 きっと嫁も相当我慢していたんだと思う。

 ◆子供に良かれと思って注意した事を

僕が

「それぐらいいいじゃん」っと

否定する。

  

ダメって言った事に対して、

否定する。

それも敬汰郎が、どっちをとればいいのかが

わからないくらいに。

2人の意見が真っ二つ。

 うーん。

そんな我慢と葛藤が、お互いの中で起こっていた。

 渦巻きに、

渦巻きまくっていた!!!

 さて、どうやって解決しますか?

◆僕らはそもそも

結構特殊な体制をいっつも

2人で考えて構築する。

 本に書いてあるような

夫婦円満の内容じゃ、当てはまらない。

   

◆例えば、会社員時代、

お弁当は100円で嫁から買う。

朝、嫁がお弁当を作ってくれ、

玄関に置いといてくれたのですが、

その横に貯金箱が設置されており、

そこに投入するシステム。

途中で150円にアップ!!

さらに200円にもアップ!!

もちろん、お弁当のない日は、

料金は発生しない(╹◡╹)

これについては、 かなりの人に引かれました(^^)

◆お金のやりくりも、

お互いの給料を足して、半分にして、

お小遣いを取り合って、

家賃も、

電気代も、

食費も、

携帯代も

割り勘。 

外食一緒にした時は、

お互いに割り勘で出し合う。

だから、時々、

夫婦なのに、

『今日は奢るわっ!』とか

『今日奢って』

なんて事があるんです。

    

◆後は、基準の給料があって

それより残業して頑張ったぶんは、

全ては

自分のお小遣いが増える!!

 こんなことはないわけです。

◆頑張ったら頑張ったぶんだけ、

報酬が増える制度設計なんです。


 だから嫁からお小遣いをもらう意識は全くないです。


  

あっ!もちろん貯金も別々の口座に決めた定額づつ

やってきました。

 基本はお互い別々に貯金。

◆それを、お互い、昇進したり、昇給したり、

するたびに、

設定会議を開いて、

増えたぶんはどうするか?!

納得するようにを決めていました。

  

  

 ◆おんなじ船には乗ってるけど、

2人は独立している。

そんな感じです。

 ◆僕らにはそれがあっていたので、

それをズーーットやってます。


  

◆そして今回の、喧嘩の1つの原因も

そんな分担が

制度疲労を起こしていることでもあるって

なんだか直感で思ったのです。

 ◆自営業として、

ホッティー薬店を起業して、

働き方が、グルングルンと変貌し、

24時間仕事に接している。

そして嫁は妊婦。8ヶ月。

かなり仕事を手伝ってくれている。


  

簡単に言うと、

同じ量働いているのに、

嫁の家事の負担が増えていた。
って事。

  

◆あっ!!

金曜日に話を戻すと


大爆発した嫁は、

家を昼から出て行きました。

 ◆17:30ぐらいになり、

僕が敬汰郎を迎えに保育園に行きました。

帰って来ない……..


  

◆敬汰郎とおにぎりと、かぼちゃと、納豆、魚、を

2人で作って

夕ご飯を食べました。

でも

帰って来ない……..19:00



 ◆洗い物をした。19:30……..

でも、帰って来ない……

  

 ◆敬汰郎をお風呂に入た20:00……..

帰って来ない!

  ◆洗濯機を回して、干した20:30…….

帰って来ない


 ◆21:00ぐらいになって寝る時間になった…….
帰って来ない……

敬汰郎は、寂しがって

グズグズ泣いた……..

なんだかんだ言っても、

けいちゃんは ママが好き。

◆マジかよっ!!Σ(゚д゚lll)

こんなことは2003年ぐらいに結婚して以来、

『初』です。

 14年ぐらい一緒にいて、

初めての

家出Σ(・□・;)

 ◆僕は考えた……

まず事故にあってる

って可能性は無い。

だって

ツイッターやってたし、

誰かの投稿に

Facebookでイイネしたり

コメントしてたし……

それはSNSに感謝。


◆だから生きてるのは確かやな。


  

 ◆だけど、もしかしたら

一生帰って来ないかも……

シングルファーザーになるかも……

って事も

 なんかありえるかもっ!!!!!!って考えて、

真剣にシュミレーションしてみた!!


   

今の仕事の体制なら

 家事的にはイケる!!

ご飯は毎日作らなくても、

オーガニックショップの惣菜を買ってきて、

サラダモリモリに作ればイケる。

 子供なんて、お腹が究極に減ったら食べる。

 なんなら昼は保育園で食べてるから

栄養は大丈夫!

  

ただ、店はパニクるなーー。

そんなのは、パートさん雇って教育すれば

なんとかなる!!

 なんなら、そこは僕の得意分野ですから。

散々15年間叩き込んできたので!!!!

  

 ◆だけど、どうしても、どうしてもクリア出来ない

最大の難関は

お母さんがいないって事。

◆そこは……..

そこだけは、

どう考えても無理やなーーって

思った。


 ◆こればっかりはどう考えても無理。

敬汰郎はなんだかんだ言っても

お母さんのことが好きだからなーー。

◆僕がいなくても、比較的すぐ寝るけど、

お母さんがいないと、

中々寝ないもん。


 ◆そして、僕らはしばしば、

こんな解決法をします。

やり始めたら時は、解決するかなんて

光は見えないけど……..

どうすると思います????

 ドンッ!!!!!

  


 LINEで話し合う。


  

◆前の 家は2階建てだったので、

一階と、二階、に分かれて

LINEで話し合う。

 あっあっあっ

新しいでしょ。

  

◆最初は罵倒しあってますが、

文字にするから、

なぜだか少しづつ冷静になっていく、

そして、

ほぼ、ほぼ、

僕が謝る。

『ごめんなさい』

◆でも、今回ばかりは

どこにいるか不明……

 ◆メールをしてみた……

「帰って来ないの?!?!」


「帰りません」

メール帰ってきたーー!!!!!

 そして、いつものLINE会議がスタート。

 ◆お互いに罵倒しあって、

 ◆あー僕も我慢のしすぎて、

妊婦で大変やのに

思いやりが足りんかったなーー。

っとか考えたりして。

 ◆謝りました。

 ◆やっぱり僕は謝る方になります。

◆そしてある程度落ち着いて、

翌日から僕は京都に行く予定だったので、

明日行っても大丈夫?!

厳しかったら、

 全部キャンセルするけど……

 確認したら、

   

「行ってきて、

お世話になってる人でしょ!!」

っと……

勉強会です。

  


 ◆翌日は僕は大阪に泊まったので、

3日間丸々会わなかった。 

   


◆僕が大阪から帰ってきた時は、

なんとなく気まずかったけど、

それなりに話しはできた。

LINE会議で、ほぼほぼ

話し合いは終わっていたので。

  

 ◆法務局へも一緒に行き、

会社の印鑑証明ももらった……

 ◆お昼も一緒に食べたし、

買い物も一緒にした…….

僕のユナイテッドアローズにも付き合ってくれた。


◆仕事も一緒にしてるから

全部一緒じゃダメだなって思った。

けど、やっぱり一緒にいる。


  

つまりは単純に君のこと

●●なのさ〜🎶

  

◆帰ってから、

よーく考えてみたら、

僕らはほぼ今、同じ時間を働いている。

けど、

嫁の家事を含めた仕事量が多かった。

その事に気づいた!

嫁がいなくなって、

 ◆シングルファーザーを覚悟して、

掃除、洗濯物、食事、洗い物、お風呂

全部やって見たから……

 分かったこと。

体感できた事。


◆効率よくザザーーーっとやれば

クオリティは低いけど

やれなくは無い!!!!

 ◆でも、嫁が妊婦ということなどを考慮すると、

嫁の仕事が多いし、

仕事の分担が

曖昧やなっ!!

って思った。

 ◆そっか、家庭の仕事も、

基本の責任者を決めればいいんや、

新しいシステムを構築するんです。

そんな時期だったんだな。 

  

 ◆原則1人でやるもの

基本は2人同時プレイでこなすもの。

 ◆仕事の分担をして見ました。


  

 ◆それを今日からやってます。

 こーする事によって、の効果は


  

 ①やって当たり前感が出て、頼らない

②手伝ってくれたら感謝する

③2人でやる事をやってくれると、喜ばれる

④自分の分担だから、躊躇なく効率的にやろうとする。 

 ◆そんなこんなで、

なんとか、

お金もそうですが、

家事なども、

しっかり分担責任制にして

始めてみてます。

◆女性が全てをやるってのはもう、古いって思います。

だいぶ家電で楽になってますしね。


◆そしてそれぞれ家庭によって、

全く新しい特殊なシステムを

自分で考えて、体感して

構築する。

2人が納得するシステム

2人が居心地がいいシステム

それはきっと本には載ってません。

自分たちの手で作って、

ちょこちょこ改善していく。

これが夫婦かなって

思います。

   

  

◆あっ!

今日聞いたのですが、

嫁は栄のアパホテルに泊まっていたそうです。

そして翌日、

学生時代の理学療法士の先生と

勉強会、ご飯して、帰ってきたそうです。


  

 ◆なんだかんだ、いなくなって

色々考えましたが、

やっぱり

なんとかして3人で

暮らす方がいいなって思いました。


◆それと、究極的にはお腹に子供ができることがない

男。

だから、その時の、不安定な感情は分かりようが無いとは思います。

又、

家事の分担ぐらいじゃ!!!

そこじゃ無いでしょっ!!!!

ってのも分かりますが、

男子はまず、そこからなんです。

よろしくお願いします。

では、又(^^)


薬に頼らず体質改善させちゃう薬屋 『ホッティー薬店』
営業時間 10:00~17:00 休→ 日・月 
電話番号 050-1574-1579
住所 465-0094 名古屋市名東区亀の井2-243
駐車場 店舗前 女性でも簡単駐車 2台完備
最寄駅 地下鉄 一社駅 徒歩10分
通信販売(問診必須)5000円以上で送料無料
商品一覧こちらをポチッ

塩購入方法 こちらをクリック

LINE お友達追加してね!

LINE ID 【hottayasuhiro723】 Facebook お友達になってね!

Facebookページいいね!チェックインしてね!

Twitterフォロー大歓迎!

Instagramフォロー大歓迎!

友だち追加

この記事を書いたホッティー

ホッティー
ホッティー
こんにちは。エクスマ、尾崎豊スピリッツ大好き『ホッティー』こと堀田泰宏です。
名古屋市名東区亀の井2-243 で 『薬に頼らず体質改善』 やらせて頂いております。冷え性、便秘、生理痛、疲れ、むくみ、不眠、高血圧(結果でた⤴︎声続々!!) まずは問診から メッセージ下さい。