ホッティーヒストリー高校編【引き裂かれた初恋】

シェアする

こんにちは、

名古屋で『薬に頼らず体質改善』

ホッティー薬店、堀田泰宏です。

カワイイ恋

◆僕は1年間だけ

大阪の高校に通ってたのですが、

その時、

ピカピカな一年生の時

生まれて初めて

彼女ができました。

増田未亜ちゃんって子に

めっちゃくちゃ似ていて

(記憶の彼方…….)

で超可愛かったんです。

これはマジです。って思います。

◆Googleマップで口コミが少なく

新しい機能を使いたいので

助けてください!

口コミで応援お願いします!!

こちらで応援お願いします。

◆僕の高校の学祭に来てくれており

学祭つまらなかったなぁーー!……

っと

正木くんと帰ってる時

前の方に女子が2名

歩いており、

うぶすぎる僕は、

自分から声をかけることは100%

ありえないのですが…….

なんとっ!!!!

なんとっ!!!!.!

奇跡が起き、

向こうから道を聞いてきたっ!!!!!!

◆わぁーーー!!!!!.!

キタァーーーーーーーー!!!!!

そんなの答えられないわけないやんっ!!!!

余裕の解答ですよっ!!!!

正解出せるに決まってるしっ!!!!

なんならば超絶最短ルート

エンターテイメントルートでね。

そして、

あらためて、みたら

2人とも

「かわいいやんっ!!!!」

彼女が一度もできたこともない

僕が上から目線で

言うのも何だけど

かわいいやん!!!!!!

そして

特に右の子………

増田未亜ちゃんやんっ!!!

ヤバすぎるやん。

天使ののハートの矢があるかもやん。

ってなった。

◆僕の心拍数は、

超絶アップ⤴️

つまらない学祭から

神様、学祭をありがとう!!!!!

っに一気に変更。ギアチェンジ!!!!

可愛かったなぁーーー!!!!!

「多分……..」

今では

妄想と、希望的観測の

域にまで、

過去の記憶を美化してるかも……ね。

だって、

初デートで

僕らは、

無情にも

引き離される

大人の洗礼を浴びることになるんだから……

◆道を聞いてきてくれた

女の子2人。

どう考えても

逃してなるものか!!!!!

的な本能が

僕は

ものすごくこの時

フルパワー反応して

怒涛の道案内!!!!!

そして、

話しかけたっ!!!!!!

話しまくった!!!!!!

喋りが止まらなかった。

マーライオンみたいに!

◆僕は突然の出会いの場合、

緊張しないのだ

しかし

予知して、予定して

話すと

身構えすぎて

『話さなければ!!!!!!

話を途切れさせて沈黙が

あってはならない!!!!!!』

っとなってしまって

全く、話すことがわからなくなり……

無言、一直線で

無言ジレッタイ

無言イクジナシ

っになっちゃう

かわいい高校1年生(^^)

◆その時は、

生まれて初めて

見知らぬ女性と

話した。

しかも通学路っと言う名の、

僕の土俵。

そして

心の間合いは

僕のZONE(^^)

まさに向かうところ敵なしっ!!!でした。

◆だって

考えてみっ!!!!

電話番号ちゃんとゲットして

また、

会うことを約束したんですよっ!

2:2だったけど。

僕に、神が降りてたな。

だって

ポケベルも無く、

携帯もない、

スマホなんてあるわけもなく、

よくもまぁー

自宅の電話番号聞いたな俺。

自分を褒めてあげたい!!!

テクニシャンやん!!!

彼女できたことないけど

褒めてあげたいですよね。

家に着いて、

自分の部屋にそそくさと上がり、

本当に

渾身のガッツポーズをしたのを

鮮明に覚えている。

そんな時は、あまり声が出ないもの。

◆そして、

別日に2:2で会うことになり、

僕らは

学校帰りに会った。

授業なんて、聴くき全くなし

サラサラなし。

予定として組まれていたから、

その日は朝から

ドキドキしすぎて、

ソワソワ。ソワソワ。

自分の鼓動がうるさいくらい!!!!!!

そして

案の定、2:2なので

僕の好きな右の増田未亜さんとは、、、

全然話が出来ず……..

全然気にしてない、

左側の人

っとばっかり

話してしまう。

僕は一気に、

幕下状態。

昏睡状態。

仮死状態。

◆でも、

帰り際

左の、気にしてない子に

頼み込み、

右の子と公園で

2人になるシチュエーションを作ってもらった…..

そこまでは良かったけど、

薄暗い公園で、、、、、、

何話していいか、、、、、、

全く頭は真っ白で、、、、、

ずっと無言。

右の増田さんも、

たまりかね。

僕の一番怖い言葉!!!!!!

「なんか話してよ」

って

言われた。

それがさらなる

プレッシャーになって

それでも無言。

しかしたら

この時のトラウマが

僕の人前で話す事の苦手って

ことに繋がってるかも。

きっとこのトラウマだ!!!!!!

だってねぇーーー!!!!

もう告白しようって

人生で初

告白をしてしまおうって

覚悟を、決めてたから。

だって彼女欲しかったんだもん。

そりゃー無言でも

「許す」って

感じですよ。

そして、

エーーーーっも

あのぉーーーーーっも、無く

『付き合ってください』って

言った。

僕は言った。

そしたら

返答は、

涙の

『いいよっ!!!!』

そのいいよの

言い方の

可愛いこと

可愛いこと

かわいすぎること。

僕だけが聴いた

耳で受け止めた

花園(^^)

お友達からって

そりゃーそーでしょっ!!

一気にゴールインは

ないでしょうーし!!!!

っの有頂天(^^)

◆天にも昇る心地

ってのがあるとしたら

マジでアレです!

これです

あの時です。

もぉーーーー……

本当に、

絶頂、

天使に包まれてる気分で、

安堵と嬉しさいっぱいになった。

そして、

公園の周りを

ちょっとフラフラ歩いて、

2人っきりですよぉーーー!!、

もーニヤニヤ。

散策して、

僕らはその日は帰った。(^^)

チューはしていない。

◆チュー〜はできなかったけど、

いいんですよ!

最高の約束をした。

次回2人で遊ぼう。って

焦ってはならない!!!!!!

はずですよね。

もーその時に、

予定を決めとかないと

自宅に電話かけないといけない事態になるし

最初に

親が出たら

超厄介だし

緊張の、度合いが

マックスになるので

その時に決めたっ!!!

まさに

はやぶさシューーーット

僕の中のハヤブサが

発動した。反町君のね。

切れ味はそんな時は抜群です。

◆だって、

僕の彼女だもんっ!!!

誰のものでもない

僕だけの天使(^^)

会う約束して

何が悪いっ!!!!!

僕らは

カップルだもん!!!!

誰にはばからずに

一緒に遊んで

2人で遊んで何が悪いっ!!!

状態です。

もーニヤニヤだった僕。

止まらないニヤニヤ。

◆うわぁーーー

この記事もどうしようーーーーー

ヤバいことになってきた。

嫁に前回の記事読まれて、

『こんなの読む人いないだろっ!!!』

『大晦日にっ!!!!!!』

って爆笑しながら

失礼極まりない

暴言を車の中で

もらったんだった(^^)

でもくじけず

進みます。

だって

だって大切な初恋。

初彼女なんですもん。

そして

そのあと、

一瞬で

2人は引き裂かれることに

なるんだから……..

僕らは

どうしようもない

誰も悪くない。

世間の人混み、

と言う名の荒波にのみ込まれ、

引き裂かれる運命なんだから………

◆初めてのデートは

『映画っ!!!!!』

梅田っ!!!!!

って

誰に相談するでもなく

決めていた!

だって、

映画でしょっ!!!!

って事で、

梅田駅に集合。

僕、昔から映画は好きで

梅田駅に行って、

「トータルリコール」っとかを

一人で行ってみていたりしたから

場所はわかる

地の利はあるっ!!!

「地の利は我にあり!!!」

っである。

◆ちょっと2019年の今

我に返って思うのは、

僕の初めての彼女の名前は

本当に増田さんか?!

増田さんで合ってるのか????

増田さんのことばっかり

考えてるのに、わからない。

(あろうことか名前忘れました。

増田未亜さんに似ていたから、

増田さんでいいよね。

本当に増田さんだった気もします。)

読んでる皆さん、

「どうでもいいわっ!!!!」

って言わないで!!!!

田村さん教えて(^^)

(田村さんは左のほう)

今でも左の田村さんとは、

なんとSNSでやり取りしてるし!!!(^^)

左の田村さんと

付き合えばよかったのに。

って話もあるかもしれませんが、

僕は右の増田さんに

夢中でしたので(^^)

左の田村さんには

なんか色々相談しました。

結構電話したね。

そんな気が合う人とお付き合いした方が

意外とうまくいく(^^)

そんな気が今はします!!

性格が合うのかもね。(^^)

◆梅田駅で

2人待ち合わせて

人生初!!!!!

デートスターートっ!!!!!!

マジでドキドキしすぎて、

話が

言葉が

全然出てこない

「あああぁーーーーーもーーーーー

何か喋らねばっ!!!!!!」

気持ちは焦る

言葉が出てこない。

焦る、

言葉、

出ない、

焦る、

言葉、

出ない、

っとか考えてたら、

スカラ座の、前まで到着。

「どれにする????」

今思うと、

決めとけよーーーーー

バカっ!!

決めとけよーーーーー

だって2人で決めたら良いでしょっと

そんな

甘酸っぱい考え。

そしたら案の定

全然良いのやってなかった、

時間も全然合わなかったし、

そして

ひとつだけ

時間的にも

観れそうなのがあったそれが

タイトルは

未だに忘れない、、永遠に

死ぬまで忘れないだろう

僕の全く興味ない領域の

その名も

『オペラ座の怪人』

なんでっ!!!

なんでっ!!!

コレしかないの!!

これこれこれがその当時のポスター

◆でも前向きな僕は、

映画の怖そうな

ポスターみて、

怖いシーンで

「キャーーー!っとなって」

僕に寄り添ってくる?????

「ニヤニヤ」

っなんておもったりなんかして

なんか、

ドラエモンの、のび太としずかちゃんの

妄想状態やなっ!!

そんなレベルです。僕。はい。

◆そして、

チケット買って、

ポップコーンも

ジュースも無しで

入った。

館内は

ガラガラの、ガラガラ

シーーーーーーーーン

っと静寂に包まれる僕ら

ちょっと後ろの真ん中辺に

ちょこんと

隣同士で

座った。

カップルだからね(^^)

◆妄想だけは駆け巡り、

僕は今、

僕は今、

彼女と

映画デートしてる。

幸せな彼女いる高校生(^^)

夢のようやん!!

プライスレスやんっ!!!!

この後は、

アレして、これして、

あんなことして

こんなことして

アレまでアレして

コレがこーこねくり回って

こーなって、

っの

アホ妄想。

◆そして

ほぼ無言で、

(男は黙って黒ラベル状態)

で、

映画がスタートした。

今思うけど

初デートはやめたほうが良い

だって喋れないじゃん。

あっ!!でも、

無言だったから

よかったのか?????

謎。

◆そしてですね、

映画も中盤にさしかかってきた時。

緊急事態が起きた!!

これは夢か現実か幻か?????

瞳を閉じて、

悦に浸って

天井を見上げる。

そして意識を

左肩に

全力集中する事態!!!!!!!

なんと

彼女の

頭が

僕の左肩に

降ってきた。

やったぞぉーーーーーー!!!!!!

俺らは

カップルだぞーーーーーーー!!!!!!!

もう、身も心も許した証か?!?!っとかアホほど飛躍しました。

◆僕は感動しすぎて

身動き取れなくなった

金縛り。

後半ずっと身動き取れずに

肩がどれだけ痛くなろうと、

そんなことはどうでもいい、

この肩が、壊れようとも

動かすものか!!!!!!!!

しかも、しかも、

手を繋いでくれたっ!!!!

あのかの有名なカップル繋ぎ。

あの

指と指を交互にするやつね。

その時の感想だけは

鮮明にある

『うわっっっ!!!!!!

あったかぁーーーーーーー!!!!!.い。』

きっと僕の手は汗だくだった。

そして、

また最高によかったのが、

ちょっと

ドキっと

するシーン。

彼女がカワイク驚いてですねーー、

手がビクってする所で

その『ビクッッッ!!!!!!』っが

僕の手に伝わってくるではないか!!!!!

かわいい

カワイイ

可愛すぎるやろっの

頂点。

(マジでこの記事読む人

いないかも……….

嫁の笑いをこらえた

爆笑が目に浮かぶけど

気にせず進む。)

進むことにします。

◆身体がガチガチのまま

手を繋いだまままで

映画も終わり

ハッ………っと

ちょっとホッとして

からで僕らは

一緒に手を繋いで

映画を見たことのある

カップルだ!!!!!

なかなかいるもんじゃない!!!!!!

そんな感じで

打ち解けて

ドトールへ行って

僕はコーヒー、

増田さんは紅茶を飲んだ

(もう増田さんでいい)

(細かいところは気にしない)

その頃はだいぶ打ち解けて、

映画について

話したりした。

ドトールでも

手を繋ぎたい症候群に

はまり込んでいた僕でした。

◆そして、

人生初デートも終わり

大切な彼女

家まで送らないと!!!!

送り届けないとっ!!!!

『家に送り届けるまでが

デートっ』と言い張っていた。

って事と

しかも

もしかしたら

降りた駅の近くの

公園で

初デートで

そう。

初チューが、

できるかも…….

っと期待も膨らませて

地下鉄で

彼女の駅まで一緒に向かった。

◆満員の電車で

電車のつり革の持ちやすい

中の方に進み

並んで2人立っていた、

ちょっと話しながら。

『なんて駅だっけ?』

っとかね。

あっ!!!

6個ぐらいなのね

近いねーーなんて

話しながら

後3個

後2個っとか

思いながら

電車は進んだっ!!

僕と、僕の初めての彼女と

僕の初デートのフィニッシュを乗せて。

◆よしっ!!!!

着いたぞっ!!!!

って思い。

彼女の電車から降りる道を

降りやすいように先に開けようと

必死で、

満員電車をかき分け、

俺のカワイイ

いたいけな彼女が通るんだからなっ!!!

ちょっと道を開けてあげてくれよっ!!!

っとか

思いながら

僕が先に電車を降りた。

◆電車を出て、

ちょっと涼しくなった、

よかった!!!!!!

っと大切な彼女の温度状態を

確認し

その直後、

プシューーーー!ー

僕の後ろで

ドアが閉まった。

はぁーー

後は公園と家までの

送りだなって

思って

振り返った。

その瞬間………..

◆ハッッッ!!!!!!!!!!!

なんで

なんで

彼女がいない!!!!!!!!

道をかき分けてあげた

ルート確保してあげたはずの

彼女がいない。

なんで?????

なんでっ!!!って?????

思ってる瞬間に地下鉄は

出発!!!!!!!

そしたら………

あろうことか

電車内に

彼女のつり革を持った姿が

見えた……….

なーーーーーーーーーーーーーー

ぜーーーーーーーーーーーーーー

だぁーーーーーーーーーーーーー

どぅーーーーーーーーーーーーー

してだぁーーーーーーーーーーー

◆僕らは引き裂かれた…….

電車という社会の荒波に引き裂かれた。

色々考えた。

混雑しすぎて

降りれなかったのか?!?!?!

でも、

あの麗しの彼女の

ちょっと困惑した表情………

あれは何を物語っていたのか?!?!?!?!

謎は深まるばかり

とにかく僕らは引き裂かれた。

◆そして僕は

もー

茫然自失

自分を失った。

30分くらい

頭が放熱への証

煙が出る状態。

我を失って

僕は、左側の田村さんに

電話。

なぜか

左側の田村さんに電話!?!?

何があったのか?!

っを聞いた。

どうやら

増田さんからも

やっぱし電話をしていたようで。

増田さんは

増田さんの事を

僕が嫌になって途中で電車を

降りたっと思ったらしい……..

僕は、完全に降りる駅を

間違えただけ………

僕のアホさゆえのなせる技。

アーーーーーーーー

リーーーーーーーー

エーーーーーーーーン

そして、

増田さんは疲れていた声だったよっと

田村さん情報。

増田さんには

電話したよ。

でも僕が電話しても

お母さんがとりついでくれなく……..

もーダメかも……..

っていうか絶対ダメやろ………

そのあと、

電車に乗らず

全く知らない大阪の大地を

2駅ぐらい

呆然と歩いた。

もう一度

左側の田村さんに電話して

田村さんに会ってもらって

田村さんに色々話したり

相談して

ちょっとそっとしておこうだという

結果に至った。

なぜか田村さんには

話が進む……..

なぜだろ?!?!?!

◆もーダメみたい。

だな

そんな心に

僕は完全に折れていました。

田村さんと

バイバイして

僕は疲れ果て…….

吉牛を食べた。

◆翌日も、

翌々日も、

電話してみたが

お母さんがとりついでくれず

僕は

完全に撃沈……..

もーどうしたらいいか?!

そんな時は

左側の田村さん

泣きつけるのは田村さん。

もーお願いしまくって

あの薄暗い公園で

一回だけでいいからって

セッティングしてもらった。

◆増田さんと2週間ぶりぐらいに

会った。

再会。

又、僕は何も喋れずにいると、

「もーなんか喋ってよ…….

疲れたし、疲れる」っと

ガァーーーーーーーーーーーーッン

わかっちゃいるけど

最後の鉄槌。

「別れたい」……..

ガガガガァーーーーーーーーーーーーーーーーン。

もー僕は膝がガクガク症状。

何を話せばいいか

分からず。

「うん。」

「ごめん。」

っが限界の言葉。

彼女は、黙って薄暗い

公園を出て行った。

っで

これを持ちまして

僕の初恋は、

終了ーーーーーーーーー…………

泣く。

左側の田村さんに

慰めてもらいながら………

僕の左肩に頭を乗せてもらって

手を絡ませあった

初恋は終わった……….

恋はこんなに疲れるものか?!?!?!

あんなに好きだったのに………

こうして大人になって

今の僕があります。

恋は大変です。

けいちゃんにも

このブログいつか読まれるのかな〜??!!

って。

◆けいちゃんへ

恋は甘酸っぱいぞ!!!!!

君も僕の子供だから

女子と話したり

人前で話すのは苦手かもね。

だって、お誕生日会で

前に出てインタビューされてた時

めっちゃモジモジして

大きくなったら何になりたいか?!?!

言えなかったもんな(^^)

全然、かぶを抜く話に、

入らなかったもんな!!

なんかわかるよその気持ち。

準備されすぎると

恥ずかしくなるよね。

でもねーーー

けいちゃん安心して、

パパでも

こんなパパでも

今ね!

『塩セミナー』っなんて

やってるんだからっ!!!

人前で、

あーだ、こーだと

塩について

熱く語りまくってるから、

情熱と

練習と

場数

だから、

それさえできれば

まじでできるようになるよ。

僕の息子だから

大切な大切な息子だから。

2019年元旦の夜

思ったのはそんなことでした。

薬に頼らず体質改善させちゃう薬屋 『ホッティー薬店』


営業時間 10:00~17:00
定 休 日 日・月
電話番号 050-1574-1579
住  所 〒465-0094 名古屋市名東区亀の井2-243
駐 車 場 店舗前 女性でも簡単駐車 2台完備
最 寄 駅 地下鉄 一社駅 徒歩10分
通信販売(問診必須)5000円以上で送料無料

友だち追加

この記事を書いたホッティー

ホッティー
ホッティーTwitter:@https://twitter.com/hottyshionakama
こんにちは。尾崎豊大好き 堀田泰宏です。
名古屋市名東区亀の井2-243  『薬に頼らず体質改善』をコンセプトに塩、ミネラルを中心に体質改善のお手伝いをさせて頂いております。 冷え性、便秘、生理痛、疲れ、むくみ、不眠、高血圧、糖尿病、低体温(結果でた⤴︎声続々!!) お気軽にメッセージ下さいね!