小学生時代 左腕を複雑骨折 今思うこと

シェアする

ONLINE SHOP

こんにちは、

名古屋で『薬に頼らず体質改善』

ホッティー薬店

堀田泰宏です。

 

 

 

 

 

尾崎豊の大ファンです!!

 

 

 

 

 

 

 

全然健康なのですが、

事情がありまして

30分くらいの

手術を受けることになり

受けてきました。

 

 

 

 

 

つぶつぶみかんジュース

◆僕は、

小学4年生くらいだったかな?

野球部の帰り

当時は

みかんのつぶつぶジュースが流行り

野球部の試合の帰り

頑張ったということで

もらったんです。

嬉しかった。

そして

プルトップタイプでした。

貧乏性の僕は、

あんまりにも

つぶつぶみかんジュースが

愛おしく

もったいなく

オレンジ色が愛らしかった。

 

 

 

 

発明してしまった少年

◆チョビチョビ

飲んで

ずぅーーーーーーーっと

味わい続けたかった僕は、

いいことを思いついた。

そうかっ!

プルトップの

持つところをちんぎって

飲み口をめっちゃちっちゃくして

飲めば

長続きするぞ!

っと

開発してしまった。

 

 

 

 

 

羨ましがられるほどに

◆その開発のかいがあり

つぶつぶは

ちょっとしか出なかったけど、

超長続きした。

僕だけ1人、

ずぅーーーーっと

オレンジを味わい続けた。

みんなが羨ましがるほどに。(多分)

ひとりいっぱい飲んでる気分

 

 

 

 

お母さんは節約家

◆当時は

自転車は

切り替えが

りゅうせい!を極めており、

僕も、

 

切り替え自転車を

 

ばあちゃんに買ってもらった。

お父さん

お母さんは

仕事ばっかりで、忙しく

そして、

何より子供でも感じるほどの

貧乏な感じだった。

多分

お母さんは

節約家なのです。

髪の毛は父が切る的な感じです。

お母さんのですよ!

 

 

 

 

 

セレブ友達ふとちゃん

◆これこれっ!!

ヤバイ懐かしすぎます!(^^)

この後ろのカゴに

アキレス腱が引っかかって、

足の皮剥けてる人

続出でしたよね!

僕の周りだけか?!

◆僕の友達の

セレブ少年の

太(ふと)ちゃんの

切り替え自転車は

 

すさまじかった…….

 

何がって

前のライトが半端なかった

めっちゃビッグサイズで

しかも

しかも

ウィンカーが装備させていた!!!!!

憧れたぁーーー!!

フルーチェを遥かに超えるほどに

憧れた。

 

 

 

 

 

憧れにライドオン!

◆どうしても乗ってみたくて、

変えっこしようぜ!

っと提案

セレブなふとちゃんは

快諾(^^)

僕は

みかんのつぶつぶジュースを片手に、

ふとちゃんの

でかライトの

憧れの切り替え自転車に乗って

 

上機嫌だった。

 

もう

野球の試合なんて

覚えてないくらい。

どうせ、

ライトを守って

圧倒的に

フライがとれずに

補欠の玉拾いでしたし(^^)

同級生の流れに乗ってやってただけで

野球にそもそも興味無しでしたもん(^^)

 

 

 

 

 

大惨事は舞い降りた。

◆そして

15分くらい走っていたら

ウキウキの僕

天国にいるような僕に

大惨事が降りかかった

ふとちゃんの乗っている僕の自転車の

後ろのサイドについたカゴに、

僕が乗ってる

ビッグライトの

ガードをしている

鉄が

引っかかった。

っと思った瞬間

片手で乗っていた

僕のハンドルは

コントロールを失った。

 

 

 

 

ふきとんだ

◆僕は

セレブふとちゃんの

ビッグライトの自転車もろとも

吹き飛んだ

もちろん、

一緒に

右手の

愛しの

つぶつぶみかんも

つぶつぶごと…….

吹き飛んだ。

◆僕は、

完膚なきまでに

左の肘から

コンクリートに

叩きつけられた……

痛ったぁーーーーーーー!!

っと

思ったのは

束の間で、

そのあとは

全然痛くなかった。

 

 

 

 

ホラーのように

◆そして

さて

立ちあがって

手をつこうとしたら

あれっ!

肘がぐらぐらする……

動く手で立ち上がり

自転車に乗ろうと

左手をハンドルに置こうとしたけど、

動かなかった。

あれっ!!

っと思って

動く右手で

左手を

ハンドルの上に乗せたら、

 

腕がーーーーーーーー!!!!!!

 

って

反対向いて

ひっくり返ってた。

声が出ないほどの…….

衝撃と驚きが僕に。

ホントにこんな気分

 

 

 

 

プラプラする僕の左腕

◆そしたら…….

肘から激痛が!

僕の脳にやっと届いた。

膝の力が抜けて

道路に座り込んで

ギャーーーーーーっと

泣いた、泣いた、泣いた、

久々にギャン泣き。

っていうより

しくしくが止まらない。

ふとちゃんもどうしたらいいのが

迷ったと思うけど、

ふとちゃんは

戻って野球の先生に伝えにいって

くれて

野球の先生は

僕のお父さんに連絡して

オンボロの軽自動車に乗って

お父さんは参上。

僕を助手席シートに乗せて

田舎町の白浜病院へ

助手席に乗っている間、

ぷらぷらする僕の全く動かない左腕、

ツンツン触りながら、

痛いよぉーーって

呆然としていた。

今だから言います。

セレブふとちゃんありがとう。

 

 

 

 

 

諦めたドクター

病院について

僕の

ユニフォームは

ハサミで

切られ

腫れ上がった

左腕を見て

先生は

『あかん…….』と言った。

◆救急車にのって

田辺という

隣町のデッカイ病院に

回された。

そこで

また先生が出てきて

『無理』って

言った……..

◆マジか……

大阪から

先生を呼んでやってもらうしかない

って言ってた。

 

 

 

 

はりつけ

◆僕は

大阪から先生が来てくれるのを待つことに。

しかも来るのは

なんと

1ヶ月後…….

 

 

ベットに寝かされ

左腕を

機材で天井に向かって

引っ張り上げられ続けた

小学生には

地獄のような

1ヶ月、

そこから一歩も動けなかった。

ずぅーーーーーっと

ベッドで寝たきり

オシッコも

うんこも

お母さん。

その時陰毛は生えてたのか?

ふと疑問に今思ったけど、

そんなこと

忘れた。

まじで子写真どおり

 

 

 

 

気が狂う

◆そこから

気が狂いそうな

ベッド生活が始まった。

全く動けず

頭がおかしくなり

お母さんに反抗して、

もう出て行くっ

っと

夜中に立ち上がろうとしたら

左腕が

だらんと下に落ちて

激痛が走り

号泣。

◆唯一の楽しみは

パジャマが

野球のパジャマだったって事。

阪神

巨人

だった。

看護師さんがカッコいいって

言ってくれた。

 

 

 

 

寝れなかった小学生

◆夜、寝れない。

動いてないから

全然寝れない。

お母さんは付き添いで

ベッドの左下に

寝てた。

◆夜よく話した。

痛い?

ううんっ

寝れない?

うんっ

早く先生来てほしいねっ

うんっ

外見る?

うんっ

外の葉っぱが揺れてた。

頭の中は

早く歩きたい。

ただそれだけ

他は何もいらなかった。

◆ぼう然とした

1ヶ月が過ぎて

大阪から先生が来て

すぐに手術になった。

左腕の骨は

粉砕骨折し

複雑骨折しており

腕をUの字に切って

肘の中の

バラバラになった

骨を

取り除いた。

3時間って言われてたけど

8時間かかった

全身麻酔じゃなかったから

意識はあり

色んな音が聞こえたし、

振動で伝わってきた。

うつ伏せで

8時間

身動き取れずで

怖かった。

たった一つの

支えは

看護師さんが

僕の右手を

ずっと握ってくれてた。

まさか、嫁が看護師さんになろうとは^-^
あの時の安心感が
深層心理にあったりして?

 

 

 

 

 

歩けてるだけで幸せ

◆麻酔で痛くはなかったけど

しんどくて

しんどくて

もう、我を忘れて

反抗する気にもならない

意識不明少年でしたね。

ハリガネを

左肘に

何本も入れて

ギブスして

手術は

終了。

そして

野球ができない身体になった。

◆ちょっとして

歩けるようになった

嬉しかった。

ただ、ただ、

歩きたかった

動きたかった

自分で動ける

ただそれだけでよかった。

僕は落ち着きもないし

閉所恐怖症で

日々動いてないと怖い

それは

あの時のトラウマもあるかも。

 

 

 

 

 

手術室で誓うこと

◆手術室で

ライトを当てられ

動けない状況になると

「誓います」

元気でいます。

「健康でいれるようになることを探します」

って

何故か僕は思ってしまう。

 

◆もし

僕の子供が

同じような状況になったとしたら

骨折じゃなくても

何かの病気で

病院で

手術とか

強い薬で

副作用で

ってなったら

麻酔を打たれ

目を閉じたり

呼吸器を付けられたりしたら……

 

 

 

◆もう、

震えるほど

嫌だし

ありえない。

怖い。

だから

せっかく見つけた

子供の身体を

本当に健康にする方法を

もちろん僕が健康に、元気になってるから

お金なんて

関係ない。

全くどうでもいい。

ある意味

破産しても

全部を無くしても

子供の

食べ物には

全ての力を注ぐ、

毎日いくらかかろうが

関係ない。

ケーキも食べるけどね、

基本となる物は

絶対抑える揺るがない。

って

 

 

 

 

30分の瞑想

◆今日、

何十年ぶりに

手術台で

ライトを当てられ

30分

考えてたのは

そんなことでした。

自分の心を見直す

瞑想にも似た

30分

そこには

感謝です。

 

 

⇒ 夢のマイホームに別れを告げて

 

 

⇒ 僕は、どうして『3年熟成みそだれ』を探すのか?!【前編】

薬に頼らず体質改善『ホッティー薬店』子供たちの未来のために


営業時間 10:00~17:00
定 休 日 日
電話番号 050-1574-1579
住  所 〒465-0094 名古屋市名東区亀の井2-243
駐 車 場 店舗前 女性でも簡単駐車 完備
最 寄 駅 地下鉄 一社駅 徒歩8分
通信販売 10800円以上で送料無料

こちらで直接質問ください

この記事を書いたホッティー

ホッティー
ホッティー
こんにちは。尾崎豊大好き 堀田泰宏です。
名古屋市名東区亀の井2-243  『薬に頼らず体質改善』をコンセプトに塩、ミネラルを中心に体質改善のお手伝いをさせて頂いております。 冷え性、便秘、生理痛、疲れ、むくみ、不眠、高血圧、糖尿病、低体温(結果でた⤴︎声続々!!) お気軽にメッセージ下さいね!
The following two tabs change content below.
ホッティー
こんにちは。尾崎豊大好き 堀田泰宏です。 名古屋市名東区亀の井2-243  『薬に頼らず体質改善』をコンセプトに塩、ミネラルを中心に体質改善のお手伝いをさせて頂いております。 冷え性、便秘、生理痛、疲れ、むくみ、不眠、高血圧、糖尿病、低体温(結果でた⤴︎声続々!!) お気軽にメッセージ下さいね!
ホッティー

最新記事 by ホッティー (全て見る)

シェアする

フォローする