ホッティーはどうして『超原木椎茸』を探すのかっ?!【前編】

シェアする

こんにちは、名古屋で

『薬に頼らず体質改善』

ホッティー薬店をやっております。

堀田泰宏です。

◆先日、レストランで

店員さんに、命令口調で

オーダーする方がいたのですが、

絶対ろくなやつじゃないっ!!!

はずっ!!!!!!!!

なんかかわいそうな人だなぁーー…….

って思った今日この頃です。

留年高校生

◆僕みたいな

4年間高校やってる

留年高校生が

どうして今、

食事が大事って言ってる!

その原点は

ここにあるかもしれないっ!!!!!

実は頭を離れない、

想いと言葉が

ここにあります。

超原木椎茸はこちら!

あなたの言葉を下さい!

◆グーグルマップで口コミが少なすぎ、

怪しさが炸裂しているので、クチコミ

応援お願いしますっ!!!!

星だけでも⭐️お願いしますm(_ _)m

こちらから応援お待ちしてます!

↑↑↑

噴水のある高校

◆僕は、高校を

名古屋にあります。

愛知高校ってところに行っておりました。

そこは、完全に、完全に

仏教の学校でして

高校の庭の中心には

噴水があり

『天上天下唯我独尊』

っの銅像が真ん中にそびえ立っておりました。

(その噴水に飛び込んだら、停学です。)

((でも、卒業式の時だけ皆飛び込みます))

(^^)

現物です

とんでもない学校に!

◆そして、

あちら側に

そびえ立つ

講堂っ!!

この中には、

巨大な仏像がどんちょうの向こうに

鎮座されており、

週一回、

全校生徒で、

お経を唱えます。

それに遅刻すると、

遅刻しちゃったりすると、

おしおきじゃーーーー!!!!!っの

写経と!!!!!!

窓拭き!!!!!!

そんな仏教バリバリ

坐禅の曹洞宗バリバリの

高校に通ってました。

しかも、1年生の夏休み後から

編入するっという

横入り状態で、

「エライ高校に来てまった……..」っと言う

衝撃波は凄かったです。

高校4年生

◆余談ですが、

僕は大阪の高校へ2年生の夏まで通っており

父親の転勤で

名古屋へ編入したんです。

あんまり正確には覚えてませんが、

・カリキュラムが違う
・レベルが違う
・試験が必要
・高校の質が違いすぎる

などなどあり、

なんと僕は

一年遡って

1年生の夏休み後…….へ

編入する事になったんです。

だから僕は高校を4年行ってるんです。

いいでしょうー!

みんなより青春時代が

1年多いんです!!!(^^)

その分、

正直言います。

合コン行きまくりました。

週二回、行ってました。

(注意)合コン風景では、ございません。

もてもて高校の時代!

◆1年ずらしてまで、

なぜこの高校になったのか?!

それは

お父さんがここの卒業生だったから!!

っただそれだけ!

しかも、

校長先生が、お父さんの元担任の先生。

ご縁を感じたんでしょうねー?!?!?!

この高校が又

仏教とは反面凄かった!!!!!

僕は知らなかったのですが、

モテモテな高校でした。

女子高生に声を掛けられる

◆あっ!!!

ちなみに男子校ですからね。

(現在は羨ましい限りの共学……..マジがっ!!!!!!!!)

どれぐらいモテモテな高校かと言いますと、

学校専用の

ブルーのカバンに

『AICHI』

っと書かれたスポーツバッグが

あるんです。

それを、学生カバンと一緒に

抱えて、

名古屋の栄(名古屋一の繁華街)

を歩いてると

女子高生に声をかけられ

自動的に

カラオケに行く。

本当にそんな風だったんですよ!!!!!!

まさか僕の周りの友達がそんな人が

多かったのか??????

東大へ行くような真面目な人もいましたから、

僕のグループが

そーだったのかも……..

行学一体

報恩感謝

を、汚してすみません。m(_ _)m

すがすがしさすら漂う授業

◆そんな高校には、

仏教の時間ってのがありました。

週1時間です。

お坊さんが

来て授業をするのですが、

まぁーーー

なんと言いますか、

本物のお坊さんって

迫力があるっ!!

あれこそ『オーラ』って

やつですね。

特に怖いとか

キレるっとか

叱るっとか

しないで叩かれるっとか

そんな体罰できな事は一切ないのですが、

仏教についての小冊子があり

ただ淡々と

その事について

語る。

淡々と語る。

「ピィーーーーーーン」っと

澄み切ったような、

張り詰めた静寂の中で授業が進む。

しかも中身は

暗記、暗記ではなく、

心の心根の部分。

実は、僕

その授業が大好きだったんです。

お坊さんカッコよかったし

なんだか、毎週、毎週、心が

洗われるような

僕の場合は、

本当にパワフル洗浄が必要だったので(^^)

そんな清々しさすらあった。

女性に触れてはいけない

◆そこで印象に残っているのが、

逸話が、

お坊さんは女性に触れては

いけないっというしきたりがあるのですが、

ある時、

道に大きな水たまりがあり

渡れずに困っている女性がいた。

お坊さんは女性に

触れてはいけないのだが

そのお坊さん(道元禅師)

ヒョイっと

女性をおんぶして

大きな水たまりを

渡りきり

下ろして

スタスタと先へ歩いて行った。

かっこよすぎる。

◆おおっ!!!

物事の潔さが、

人間の尊さが

大切なことが

浮かび上がっているなって。

何より、カッコいいじゃんっ!!!!!って

老人にシイタケを干させる

◆もう一つは、

ある時

お坊さん(道元禅師)

が中国の宗(そう)って国へ

修行見習いとして行った時、

大きなお寺で

山門付近を歩いていた。

すると、

真夏の照りつける太陽の元、

椎茸を一個一個干す

老僧を見た。

真冬の吹きすさぶ寒風の中

椎茸を一個一個干す

老僧を見た。

どうしてだっ?!?!?!?!

老人虐待

◆修行している道元は思いました。

あんな重労働を

おじいちゃんにやらせて

けしからんっ!!!!!

いくら下っ端な老僧だろうと

若い、ごはん係が

やればいい!!!!!!

そう思った。

どんでん返し

◆ガッ!!!!

実は、

その老僧は、

その巨大なお寺の

1番偉いお坊さんだった……..

尊い老師さまでした。

ビックリした道元は、

聞いた、

なぜあなた様のような尊い方が

椎茸干しなど

やっているのですか???

すると、老師さまは

「これは私のやるべきこと、
    他のものは決して、
私の代わりにはならん」

っと答え

さらに、

では、もっと日が陰ってから

やればいいじゃないですか???っと

聞いたら

「今の時を置いて
他にどんな時があるのか?」

っと答えたそうです。

◆今もそうですが、

禅宗のお寺の

ご飯は、全部植物性で

まかなわれます。

そんな中で、

だしは全ての料理の良し悪しを左右する。

そのだしを取る

『原木椎茸』

っというのは、

凄まじく大切な存在なんですね。

だから自分でやる。

最高に大切だから

だから当たり前のように

1番最高のタイミングで

最高の干し椎茸を自らの手ですべてやる

真実はそうだったのです。

◆道元禅師は

その言葉に声も出なくなるほど

驚き、

どのように歩いて帰ったのか
わからないくらい
衝撃を受けたようです。

要は、

毎日の小さく思えること

掃除や料理にも

修行が宿っている。

そして

料理をするっと

言うことは、

坐禅する事、

法要をする事、

お経を読む事、

っと同じ事。

物凄く大切な事だっ!!

っと言うことに気づいたんですね!!

そりゃー人間の根幹を作るのが

食事ですからね。

貧乏だからこそ

◆そして、

日本に戻ってから

ものすごい貧乏だった道元が

何をおいても

手をつけたのが、

『典座教訓』

料理の仕方や心得が

書かれた本です。

お金がない状況だからこそ研ぎ澄ませ!

◆道元禅師の

すごいなって

思ったところは

どれだけ貧乏であろうとも、

食べる物、
食事に関する、方法、心得
を最優先する

何を置いても、

料理、食事が体と心をつくるって

貫いてる。

そこですねっ!!!

貧乏だから

食事をおろそかにする。

ってのは

愚の骨頂、

ありえないっ!!!!って

ことですよね。

お金が無いからこそ、


食事に気を研ぎ澄ませる。

スゴイっす。

人生が狂う方法

◆どれだけ

家事、育児に、お金が

かかろうと、

忙しかろうと、

食事をおろそかにしてしまったら、
全ての人生は
狂ってしまう。

そこを物の見事についている。

僕はそう思います。

何を置いても最優先

◆食事をするってことは

楽しみでもあり

修行なんですねー。

他の命をもらって

きつく言うと奪って

自分の命を延命する。

だから、食事や料理は、

何を置いても最優先する

物凄く大切すぎる

位置付けなんです。

見栄なんて張らなくていい

◆なんだか

成果を上げること

お金を稼ぐこと、

が優先され、

1番大切な食事が高い?安い?
っで判断されてしまって
味わいを消し去り、
味覚を狂わせ、
不自然なものばかり、

そして

お金が無い無いっと

叫び

そうは言いつつも、

見栄っ張りで

自慢する為の車には

散々、お金を借りてまで

かける。

些細なことに幸せを感じる

◆毎日の食事は些細なことです。

毎日2回(僕は二食なので)

続いていきます。

その、

些細な事に
喜びをしっかり感じるように
毎日を生きる。

僕はそれが大切って思ってます。

本物は違う

◆そんなこともあり、

大切なだしをとる、

本物の原木椎茸を

僕はどうしても

本物を探したかったんです。

食べてみたいですしっ!!

老師が、

どうしても干していた

あの

原木椎茸を

僕は食べたいっ!!!!

そう思ったのです。

わぁーーもー最高っ!!

食べたいです!!

超原木椎茸はこちら!

後編へ続く。

薬に頼らず体質改善させちゃう薬屋 『ホッティー薬店』


営業時間 10:00~17:00
定 休 日 日・月
電話番号 050-1574-1579
住  所 〒465-0094 名古屋市名東区亀の井2-243
駐 車 場 店舗前 女性でも簡単駐車 2台完備
最 寄 駅 地下鉄 一社駅 徒歩10分
通信販売(問診必須)5000円以上で送料無料

友だち追加

この記事を書いたホッティー

ホッティー
ホッティー
こんにちは。エクスマ、尾崎豊スピリッツ大好き『ホッティー』こと堀田泰宏です。
名古屋市名東区亀の井2-243 で 『薬に頼らず体質改善』 やらせて頂いております。冷え性、便秘、生理痛、疲れ、むくみ、不眠、高血圧(結果でた⤴︎声続々!!) まずは問診から メッセージ下さい。