自分のお葬式で参列者に言ってもらいたいこと決まってますか?!

シェアする

駐車場2台完備 

こんにちは「薬に頼らず体質改善」

ホッティー薬店、堀田泰宏です。

◆やっぱり僕は尾崎豊が大好きなんだって

思います。

永遠の胸が最高です!

(順位はつけられないですが!)

◆僕は、

自分のお葬式で、

参列者に言ってもらいたいことが

もー

決まってるんです。

もちろん死んでるから

お金なんか

ポストなんか

名声なんか

どーでもいい。んです。

◆あるホテルの施設内で

温泉があるというので

けいちゃんを連れて

行ってきました。

◆施設の前まで来たら

なぜか閉まってました。

開かない。

自動扉の向こうに

おばちゃんがいたので

けいちゃんが

「コンコン」っと

優しくノックしました。

そしておばちゃんが

自動扉を開けて

言いました。

「鍵持ってないの?」

僕らは

「はっ?!?!」

鍵は1つしかない

部屋には嫁としょうちゃんがいるし

突き刺して電気をつけるタイプだから

持ってきてない。

「僕はないです。部屋に妻がいますので」

っというと、

「鍵ないと入れないに決まってるでしょ」

っと横柄な態度。

「じゃーどうすればいいんですか?」

っと聞くと

おばさんは

「鍵がないと入れません。ブツブツ」

「鍵がないと、お金チェックできないし」

「それぐらい、どーのこーの」

◆僕は、

どうすればいいのか?

わからなかった。

出口が見えなかった。

けいちゃんも待ってし

らちがあかないので

「どうすればこの温泉に入れて

妻も部屋にいることができるんですか?!」

っと

わざとちょっと怒り口調で話した。

すると

おばさんは

ひるんで、

「入りたけりゃー入ればいいでしょ!」

っといった

まるで僕が

入銭料金を、ケチって

ただで入ってやろうとしているかのように。

◆ムダだと思ったので、

「後でフロントに寄るから

1000円でも、1万円でも

とったらいい」っと言って

温泉に入った。

◆けいちゃんは

大人の喧嘩が始まったね!

っと

ハニカミながら言った。

◆僕は、

弱小だけど

お店をやっている。

いつも考えるのは

お客さんに

どうしたら

喜んですもらえるか?!

公共的な、貢献的な面も

いつも持ちたいと思っているので

自分のお店のシステム

とかばっかりじゃなく、

無い物があったら

無い!

だけでなく

ここにありますよ!

こんなの買えばいいですよ!

っと教えてます。

システム優先じゃもちろんなく

臨機応変な態度。

嫁だって

僕がお店に居ない時は、

お客さんの喜ぶサービスをしてあげて!

これをお願いしている。

◆僕はあの時

もちろん

おばちゃんと言い争いたいわけでもなく

システムを理解したいわけではなく

ただ

子供と楽しく温泉に入りたい。

ただそれだけだった。

◆本当に、僕も

考えさせられたし

いい機会なので、

けいちゃんに

時間をかなりかけて

しっかりと説明した。

「自分のことは自分でできるように

なった上で」

(自分の人生に責任を持った上で頼らず生きる)

「人はね、人に喜んでもらうために生きてるんだよ」

「喜んでもらうために仕事してるんだよ」

「それが人生だよ」わかるか?

って

「喜んでもらえた数だけ

お金がお客さんから

もらえるんだよ。」っと。

さとすようにしっかり伝えた。

◆人を変えるのは本当に難しいし

無理だけど、

しっかりと

あったことを、

僕が感じたことを

フロントの責任者の方に

冷静に伝えた。

改善して欲しいから。

それが僕が逃げないことだから。

◆それでも

何も変えない

何も感じない

そんな

人たちや

組織

チームなら

会社なら

ホテルなら

僕は今後

もー二度と近寄らない。

遠くにいる。

そこに費やす時間が

もったいないし

住む世界が違うから……

変な影響も受けるから。

本当に妥協しないサービスを

実践してる

ホテルはいっぱいあると思うので。

◆目的を持って始めてるいないから

こんなことになる。

ゴールが

明確でないから

どこに行きたいか

スタッフもみんなわかってないから。

◆ただ、

お客さんを喜ばせるって

常に思っていれば

ミスをした時、

トラブルが起きた時の

対応が飛躍の

チャンスになるのに。

◆実は、僕、自分のお葬式を時々

イメージしているんです。

アホでしょ(^^)

でも

僕のお葬式で

参列した人に

なんと言われたいか?

そこはずっと意識してます。

お金なんて超越してます。

だって

死んでるしね。

僕のお葬式ですし。

◆子供達の未来を健康にして

たくさんの人を喜ばせた人だったね。

あの人のお陰で塩を知ったし元気になった

家族、奥さん、子供2人を

めっちゃくちゃ愛した

親バカだったよね。

そう言ってもらいたい。

その為に、

僕は今

ようこちゃんと物凄い協力して

毎日頑張ってます。

◆心が汚れそうな時も

ある。

人にイラッとすることもある。

でも、

僕のかけたはしごの上には、

崇高な

子供達の未来につながるものがある。

だから、

しっかりと

全力で登っていきたい。

人に喜んでもらう為に全力を出すぞ!

そう思ってます!

薬に頼らず体質改善『ホッティー薬店』子供たちの未来のために


営業時間 10:00~17:00
定 休 日 日
電話番号 050-1574-1579
住  所 〒465-0094 名古屋市名東区亀の井2-243
駐 車 場 店舗前 女性でも簡単駐車 完備
最 寄 駅 地下鉄 一社駅 徒歩8分
通信販売 10800円以上で送料無料

こちらで直接質問ください

この記事を書いたホッティー

ホッティー
ホッティー
こんにちは。尾崎豊大好き 堀田泰宏です。
名古屋市名東区亀の井2-243  『薬に頼らず体質改善』をコンセプトに塩、ミネラルを中心に体質改善のお手伝いをさせて頂いております。 冷え性、便秘、生理痛、疲れ、むくみ、不眠、高血圧、糖尿病、低体温(結果でた⤴︎声続々!!) お気軽にメッセージ下さいね!

シェアする

フォローする